hentecoについて

焼き菓子好きなパティシエが、自分の美味しいと思うお菓子を作るためにはじめたお店。
デザイナーが考えた色や形をパティシエが再現。「こんなお菓子があったらいいな」と思ったお菓子を揃えました。
味にも見た目にもこだわりたい、そんな思いの詰まった洋菓子店です。

素材のこだわり。

  • 北海道産の小麦粉3種を使い分け、特徴を生かした商品を製造しております。
  • ほとんどの商品に北海道産の発酵バターを使用しております。
  • その他の原材料も「安心して食べられる」ものを厳選して使用しております。
  • 保存料や着色料等は使用してません。
  • 一部商品に使用のベーキングパウダーは、アルミニウムフリーの物です。
  • 出来たてをなるべく早くお召し上がり頂きたい為、賞味期限は短めに設定しております。

焼き菓子のこだわり

焼き菓子は「贈り物」「保存がきくお菓子」のイメージを持ちがちですが、出来立てが最も美味しい状態です。
最善の状態でお召し上がりいただきたい為、賞味期限は短かめに設定しております。
北海道産小麦の上質な香りをご賞味ください。

どうぶつクッキーのこだわり

着色料は一切使用せず、天然素材のみで製造しております。
クッキーの風味を生かす為アイシングは控え目に、生地の色を活かして表現しています。
形は全てオリジナルのデザインで、可愛いだけではなく愛嬌のある「hentecoな可愛いさ」を追求しました。

カフェメニューのこだわり

お焼き菓子によくあう紅茶やコーヒーと、お食事のメニューもご用意しております。
旬の素材や季節に合わせて、随時メニューも変更・追加していきます。

お店のこだわり

美味しい事はもちろん見た目も楽しめるお菓子、 「こんなお菓子があったらいいな」という思いのもとに商品開発しました。
2012年、戸越銀座での開店から6年間を経て、2018年3月より、目黒区碑文谷でもう一つの夢だったカフェ業も開始。

パティシエ/製造・開発

臼田 亜也子【Ayako Usuda】

日本菓子専門学校、数店のカフェやパティスリーに勤務して製菓を学ぶ。
2012年2月よりhenteco〜森の洋菓子店の店主に。全商品の開発と製造を担当。
*製菓衛生師、調理師、ティーコーディネーター

臼田 亜也子

運営会社

株式会社henteco
〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-15-17-1F
tel & fax. 03-6412-8860

henteco森の洋菓子店の運営(菓子製造およびカフェの運営)の他、Webサイトや紙媒体全般の企画・デザイン・制作も行っております。
>デザイン部門について

株式会社henteco